« 飯豊縦走  | トップページ | テレマークスキー説明会 »

レスキュー座学講習

某ショップイベントでレスキュー座学講習会を行いました。

東北で統計的に多いといわれてい遭難事故、負傷事故を参考にしました

1つ目は道迷いで遭難してしまい救助が来るまで一晩を過ごすことになったという前提でツェルトを数人で被ってみる。

2つ目は骨折、脱臼、打撲、捻挫したときに持っているもので応急処置、そして安全な場所までのザックを利用して数人で搬送。

3つ目によくある「こむら返り」した場合の処置法などなど

座学なので皆で練習するところまでいかなかったですが真剣に聞いてくれました。

当日はあいにくの雨で、始める前はショップのサクラ(ばらしちゃいました)がほとんどで本当の受講者は2人でしたが、話が進んでいくと後列に立ち見する人も何人かいました。

今回は予防法についてはさわりだけになりましたが、いかにレスキューすることが大変なことかを理解してもらい、遭難、負傷事故を起こさない登山を考えるきっかけになればよいと思います。

※自分で講師していたので写真がないんです。

|

« 飯豊縦走  | トップページ | テレマークスキー説明会 »

日々修行」カテゴリの記事

コメント

巻さん、お久しぶりです

東北の山も雪化粧で綺麗に染まっていますよ。

初滑り楽しんで来てください。


投稿: エムフリー | 2006年11月11日 (土) 16時06分

そろそろ雪が降り始めましたね!
そわそわします。

今月の18・19日と25・26日は立山の予定なので
毎日天気図とにらめっこです(笑)

投稿: 巻 | 2006年11月 8日 (水) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93861/3949505

この記事へのトラックバック一覧です: レスキュー座学講習:

« 飯豊縦走  | トップページ | テレマークスキー説明会 »