« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の投稿

3月30日月山キャットツアー

今日は昨日からさらに降った雪でストックを刺してもすっぽり埋もれるほど。

8時30分ごろキャットに出発、徐々に晴れ間が広がり期待大です。

「やばいてす~sign03」と気分は乗り乗りでキャットを降りて用意をする。

歩き出してもテンション全開up

だがしかし、思いのほか多い積雪にフルラッセルで大変。

標高が上がり、表面がパックされた雪に変わり、風も強くなってきていたので1480m付近から滑りだす。

特にブナの林間は軽くて滑りやすかった、底なしのディープパウダーで腰を越える。

でも帰りもその分大変、石跳沢はトレース跡が一つもなく、またラッセルして下ることになった。

3月終わりにして今年最高のパウダーに巡り合えました。皆さんおつかれ様でした。

P1000132

ツアー前のupテンション でcamerashine

P1000134

歩き始め、思いのほか雪が深いです、でもテンション全開dash

P1000144

ラッセルに疲れ、小休止。

P1000167

P1000165

P1000168

皆さんの深雪滑り(ピンボケでスミマセン)。

P1000181

最近恒例になってきたツェルトでランチタイム。

P1000185

帰りもラッセルして石跳沢を下る。

P1000196

道路にでてホッとした皆さん、楽しさと大変さを知った1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレマークハイキングin湯殿1150ピーク

3月28日(日) 晴れのち曇り

当日は刈田岳を予定していたのですがあいにく参加者ゼロcrying、急きょ来シーズンのツアーのため下見しておいた湯殿1150ピークに変更。

広い尾根、ブナの疎林、湯殿山の景観、静かなフィールドと申し分の無いテレマークハイキングコース。前日の雪と寒気で歩きも滑りもフッカフカのパウダーでツアーもgoodでした。

帰りには道の駅でお二人とも本家和田酒造のお酒bottleも買って頂きありがとうございました。

100328001

シールを貼ってスタート準備。

100328006

奥の白い湯殿山が見えて気分もupcamerashine。 

100328019

本日一番の中斜面を斜上していきます。

100328025

広々した尾根は疎林で気持ち良い。

100328031

1100m付近では霧氷が見れる寒さ。

100328038

広すぎる山頂付近でツェルトを張ってランチタイム。

100328057

お二人ともツアーで新雪は初めてでしたが、なかなか気持ちよく滑ってます。

100328082

フィールドと雪に満足して無事ツアー終了happy01!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月24日ピッコロ探険隊

スキースクールの第2回ピッコロ探険隊snow

山の中は春の少し締まったザラメ雪で歩きやすくて滑りやすいです。

樹木の冬芽club、キツネやウサギの足跡foot、熊の爪あとrocketc、観察しながら歩く、ちょっと汗をかいたあとは雪テーブルを作ってココアcafeを飲みながら至福の一時。そして林間を縫いながら滑って山を下るski

今日の貴重な体験は子達たちにとって忘れることのない思い出になるんだろうなあ。

100324002

探険隊出発前に1枚camerashine

100324006

恒例、ブナの巨木に抱きつきポーズ。

100324008

テーブルを囲んでホットココアcafeの出来上がりを待ちます。

100324021

林間もヒュイヒュイski

100324031

雪解けの小さな沢へ遊びに行ってみました。

100324040

林道を滑降、ザラメ雪で滑りやすい。

100324041

本日の探険成功、ヤッターsign03happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月22日テレマークスキーハイキングin湯殿山山麓

今日は、鈍よりの空、風強め、降雪といいところなしか~と思われだが、歩きはじめると晴れ間もあったりして、樹木観察などもしながらまったり歩く。

吹雪いた時間帯もあったが、午後に入っても雪質は上々でパウダー滑りも楽しんで湯殿山麓遊びはscissors

S井さん夫婦も「満足!!」のお言葉。

お二人ともどうもお疲れ様でしたhappy01

100322003

さすが湯殿山麓、どこも広くて歩きやすい。

100322006

皮松谷地付近を通って進む。

100322025

早めに風を避けてのんびりランチタイムrestaurant

100322033

尾根に出て湯殿山が近づいてきた~。

100322037_2

バックにブス沼と湯殿山。

100322052

間隔の広いブナ林間を滑るski

100322073

もう少しで石跳沢へ合流。

100322082

車止め近くまで林間を滑ってゴール。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月20日ピッコロ探険隊

スキースクール企画で子どもたちと一緒にゲレンデを飛び出して山へ。

天気も雪質もちょうど良くて、2時間たっぷり遊んで楽しみました。

100320001

スタート前の「えい、えい、おーsign01

100320008_3

横になって階段登りもあります。

100320018

歩いて暑いくらいだったのでアイスココアcafeで乾杯up

100320036

ざらめ雪で滑りやす~いski

100320062

後ろからハイ、ポーズ!!

100320064

楽しく探険できましたscissors

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレマークハイキングin湯殿山麓

  3月22日(月・祝):初級コース

国宝級とっていもいいくらいの疎林のブナ林間、ブス沼から伸びる尾根の雪尻、間近に見る迫力ある湯殿山南面など素晴らしい景観が続くツアーコースです。

コース

志津集落車止め-----旧道----皮松谷地付近----ブス沼----皮クルミ沼----石跳沢-----ネイチャーセンター----志津集落車止め

参加条件:クリッパーAコースをプルークボーゲン以上で滑って降りられる方

ぜひお問い合わせください。

100318008

疎林のブナ林間を登って行きます。

100318020

手前が雪に埋まったブス沼。

100318075

皮クルミ沼付近の巨木。

100318091

奥に真っ白に染まるのが湯殿山上部です。

100318112

今回のラッセル隊、Y下さんと偶然お会いして一緒に登ったK地さん。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月14日スキーツアー不忘山

白石スキー場のリフト終点、標高約1130mからスタート。

天気の回復を願いながら尾根ルートにコース取りを決めて順調に高度を上げる。

約1640mでスキーをデポして山頂へ。降りるころには風もおさまり視界もとれてきたので、ついでに寄り道して不忘の碑も見学、そしていよいよ滑りに。

山は積雪量も少なく雪はガリガリという悪条件下ですが、こういう日こそ登りも滑りも良い練習になるんですよね~。滑り方を講習しながらズレで高度を落としてく。

大斜面を降りて、下界を展望しながら食事。

ブッシュありーの雪ガリガリーの最後の斜面を慎重に高度を落としてスキー場に到着。

お二人ともどうもお疲れ様でしたsmile

100314004

時折強く風が吹く中、ゆっくり尾根を目指す。

100314014

天気も回復傾向だったのでスキーをデポして山頂を目指す。

100314016

赤い靴の男子3人で記念camerashine

100314031

スキーデポ地点に戻ってきたころには山頂もよく見えて青空も。

100314038

スキーツアーデビューのI葉さんはソツなく滑りをこなします。

100314044

ガチガチ雪面をS田さんは華麗にテレマーク。

100314046

風を避け高度を落としてから遅めのランチタイムfastfoodrestaurant

100314050

スキー場に到着good

追加:ツアー途中で偶然お会いしたS藤さんから写真を送っていただきました(下2枚)。なかなか無いんですよねぇ、ツアー全体像の写真が・・・。どうもありがとうござましたm(_ _)m。

201003144

201003141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月13日講習付ミニツアー

朝からの雨も午後にはカラッと晴れてsunツアー日和です。

Uさんたっての希望で「ツェルトの使い方」に内容変更して講習。

なかなか使う機会のないツェルトですが数種類の使い方を練習してタメになった模様。

ツアーも楽しんでモナカ雪shockを安全第一で滑って降りて頂きましたhappy01

100313006

歩き出し、斜面をトラバースしていきます。

100313007

毎回お決まりのブナ巨木で戯れる写真cameraを撮る。

100313009

講習風景はないですが、最後に建てたツェルトでコーヒータイムcafe

100313014

下りは慎重に斜滑降で決めます。

100313017

本日の林道はよく滑る~。

100313018

スキー場に到着good、「気分も空も晴れ晴れsign03」ってとこでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テレマークハイキングin裏磐梯の紹介

3月17日(水) ハイキング初級~中級コース

ブナの林間が素晴らしい超お勧めツアーです。

磐梯山や桧原湖の景観も添えて言い尽くせないほど。

平日に静かなハイキングツアーにぜひご参加くださいhappy01

登り度run 70% 約3時間半 滑り度ski 30% 1時間

条件:クリッパーAコースをプルークボーゲンで滑って降りられる方

100312069

スタート地点。

100312014

樹齢400年以上?はありそうなの巨木ブナ。

100312023

たまにある窪地は休憩ポイントになりそう。

100312043

1280m地点から磐梯山の大展望eye

100312044

奥には雪原になった桧原湖と吾妻連峰。

100312050

ブナの林間が素晴らしい。

100312062_2

レイクライン沿いに緩い斜面をのんびり滑ります。

100312068

終点に近づくと標識が見えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレマークハイキングin雄国沼

3月9日(火)  曇りのち雪

雄子沢登山口~雄子沢~雄国沼~雄国山山頂~北東尾根~雄子沢登山口

天気予報では午後から南岸低気圧の影響が出てくるので早めに切り上げる計画。

先週までの雪が締まって上にうっすら積もった新雪になって歩きやすいけど下の凍った雪がでると後ずさりするためすぐシールを装着。

今回は私もステップカット板で参戦しましたが気温が上がらず午後も滑りやすくてY沢さんと思わずニンマリhappy01smile

大荒れtyphoon大雪snow前のひとときとなりました。

100309006

雄子沢沿いに2時間歩く、途中リスにも遭遇。

100309031

沢を離れて真っ白な雄国沼が見えてきた。

100309037

雄国山に登る尾根は風が強く吹くところ。

100309048

山頂到着、展望もよしgood

100309051

シールを外して、雪質もよく斜面は滑りやすい。

100309056

広い林間をトラバース。

100309060

雪が降り始める中、車道を目指す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキーツアー不忘山の紹介

コース:初級

白石スキー場リフト終点から登るコースで尾根に上がると目の前に南蔵王のアルパイン的な大展望が開けます。これを見に行くだけでも価値があります。もちろん滑りも楽しめますよ。

白石スキー場は毎年3月20日前後に終了するのでこの機会を逃さずぜひ参加してくださいhappy01

参加条件 クリッパーAコースをシュテムターン以上で滑れる方。

登り度run 約3時間 60% 滑り度ski 約40分 40%

Rimg0996

リフト終点近くから望む不忘山。

Rimg1002

登りはこんな感じのフィールドもあります。

Rimg1008

尾根から見る南蔵王のアルパイン的な大展望は素晴らしいです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09-10営業とナイター延長のお知らせ

スプリングバレースキー場の営業が4月4日(日)まで延長になりました。また、ナイター営業も3月22日(火)まで延長決定しました。皆さまのご来場お待ちいたしております。
※状況によりクローズする場合もあるのでスキー場ホームページ等を確認のうえご来場ください。

テレマークスキーレッスンも延長して通常レッスン・ナイターレッスンとも受付致しますのでお問い合わせ、ご連絡ください。どうぞよろしくお願い致します。

また回数券ご利用のお客様は回数残のご確認のうえご利用ください。

090305028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキーハイキングin雄国沼の紹介

スキーハイキングin雄国沼 初級コース

フィールドは裏磐梯の猫魔ヶ岳付近。沢沿いの水が流れる景観に始まり、雄大なカルデラの雄国沼、山頂からの猫魔ヶ岳を含む外輪山と磐梯山の展望、そしてブナ林間の滑走。思い出に残るハイキングになるでしょう。

ぜひご参加くださいhappy01

雄子沢----雄国沼----雄国山----尾根を滑って雄子沢の駐車場へ

行動時間 約4~5時間  歩き度run 60% 滑り度ski 40%

クリッパーAコースをプルークボーゲン以上で滑れる方なら参加OKです。

ステップカット板の場合はシールもご用意のうえご参加ください。

100301066

雄子沢沿いに緩い斜面を歩いていきます。

100301047

雄国山山頂。

100301046

雄国山の尾根からみた雄国沼。

100301045

猫魔ヶ岳です、晴れると磐梯山も展望できます。

100301025

山頂から続く気持ちよい広~い尾根。

100301016

斜面はブナ林や雑木林が続きます。

100301027

おまけ:下見に付き合ってくれたとT君(後)と後輩で初テレマークツアーのG君(前)
G君はカメラマンで今月のビーパル表紙も彼の写真。下参照。

Bepal

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »