« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の投稿

緊急ツアー企画

5月1日(土) スキーツアー鳥海山・笙ヶ岳 
料金10000円
4月29日ツアーを延期致しました。日程の合わなかった方もどうぞご参加ください。
  
5月2日(日) のんびりスキーツアー鳥海山・笙ヶ岳
料金10000円
ツアーに不安な方や滑りに自信がない方向けツアーを企画致しました。ゆっくり登ってのんびり滑りましょう。
吹浦~笙ヶ岳往復 登り返し等はありません。
登り 約3時間 滑り 1時間 

5月9日(日)のんびりスキーツアー鳥海山・祓川 
料金10000円
ツアーに不安な方や滑りに自信がない方向けツアーを企画致しました。ゆっくり登ってのんびり滑りましょう。
第3駐車場~七つ釜までを登ります。
通常の祓川ルートとは違った風景が新鮮です。
登り 約3時間 滑り 1時間
5月15日(土)スキーツアー鳥海山・祓川
料金10000円
ゴールデンウィークを過ぎると祓川も静けさを取り戻します。メジャールートですが登りやすいルートをとってラクに登ります。
登り 約4時間半 滑り 1時間
5月16日(日)エムフリー打ち上げディキャンプ
参加費3900円(さんきゅー)
春スキーの終わりに月山山域で皆で今年を振り返りながら歩いて・滑って・食べて・飲んで、今シーズンを振り返りながら遊びましょう。
歩き 30分~1時間
滑り 斜面を何度でも気向くまま登り返し、気の済むまで滑りましょう。 
食べる 焼肉と焼きうどんをエムフリーにてご用意します 
飲む ジュースでもノンアルコールでもビール(運転しない方)でも。
マイ箸と皿とカップと自分の飲み物を持ってご参加ください。

それぞれ詳細をご覧になりたい方はメールでお問い合わせください。

まだまだプライベートツアーの依頼お待ちしています。 
 料金 ガイド料1人10000円・ガイド分交通費
ツアー スキーツアー、テレマークハイキング
コース例:鳥海山祓川ルート
      鳥海山猿倉ルート     
      鳥海山駒の王子ルート(北側)
      鳥海山湯の台ルート
      鳥海山笙ヶ岳ルート
      月山姥ヶ岳ルート 3ルートあり。
      湯殿山ルート    3ルートあり。
お客様の要望に沿うルートでガイド致します、お問い合わせください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プライベートツアーin鳥海山・祓川

2010年4月27日(火) sunのちcloudtyphoon

山道具店に勤めていたときからお世話になっているA田さんからガイド依頼。

当日は3日前には予想しなかった雲ひとつ無い晴天。でも悪天傾向なので油断は禁物です。

風は強いが駐車場をスタート、雪はザラメ状に近く先日までの冬雪は終わりつつある。

歩くペースは順調で七ツ釜も越えて上へ向かいます。

標高約1800m地点まで登るとガスが迫り天候が急変したので途中で引き返すことを決定。シールを剥がして滑る準備をする間にも視界が薄れる頻度が高まっていく。

滑降を開始して七ツ釜小屋で昼食を予定して滑り込むが、以前ガスと風の勢いは増してくる。予定変更して登山口まで降りることに。滑りも楽しみながら標高を下げて12時半すぎに竜ヶ原湿原に降りる。

風を避けて祓川ヒュッテに入り強風で荒れる鳥海山を眺め、今日の幸運だったツアーを振り返りながら昼食restaurantを摂った。

お二人ともおつかれ様でした。

100427001

ゴールデンウィーク前の空いている駐車場をスタート。

100427012

順調に上を目指して登ります。

100427020

本日の最高点(約1800m)。

100427022

あっという間にガスに包まれる中、滑降開始。

100427067

今シーズン生まれて初めてスキーを始めたM田さんの熱い滑りscissors

100427073

ストップスノーでも慣れた滑りを披露goodしたA田さん。

100427076

強風typhoonの竜ヶ原湿原にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレマークハイキングin月山の報告

2010年4月25日(日) sun

本当は八幡平・源太ヶ森の予定でしたが参加者はお1人。

前日の夜、北東北よりも南のほうが天気は良さそうだったので急遽電話で相談してフィールドを変更して月山エリアに。予想は見事に当たって晴ればれです。

姥ヶ岳に登り、四谷川へ滑り込み、牛首へ登り四谷川源頭に滑り、登り返してまた滑る。

15~20cmの積雪のおかげで冬の雪質を満喫して1日遊んできました。

100425006

姥ヶ岳山頂。

100425038

四谷川へテレマーク練習しながら滑り込む。

100425048

四谷川の沢状に牛首方面へ登り返す。

100425057

いい斜面を選んで滑ります。

100425101

偶然それぞれのお客様に遭遇して皆でランチタイムrestaurant
やっぱりワイワイ食べるのは楽し~いです!!

100425114

T野さんも合流、月山を振り返って満喫満足!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まとめ買い

いやぁ~、ちょっと前ですけどまとめて買っちゃいましたcoldsweats01

とは言っても私が履くわけではありません。

少し前の型ですが来シーズンからのレンタルブーツにと考えて購入。

エムフリーも5年目ですが、レンタルスキーも少しずつですが更新していきたいと思いますpunch

100402005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキーツアー焼山の報告

2010年4月18日(日) 曇りcloud時々sun時々snow

仙台から3時間半かけてやって来ました、秋田の玉川温泉。

ここ最近の降雪で焼山も御多分にもれず雪の状態はかなりGoodgood

スタートから、晴れと降雪を繰り返す目まぐるしく変化する天候に翻弄され、何度もレイヤーを調節し直す。
ブナ林間も過ぎてシラビソ帯に入るとガスも濃くなってくるが雪は軽くて良さそうだ。
約2時間半で山頂到着、回りはまったくといっていいほど視界がなくお目当ての火口も見えない。記念写真を撮って早々に滑降開始。
軽めの新雪が10~15cmほど入っていて、雪しぶきが上がり気持ち良く滑れる。
ガスが切れてきたところで遅いランチタイムを取って、また滑る。

早めに降りたので40分ほどビーコン捜索練習をして登山口に戻った。

ツアーのあとは山麓の名湯玉川温泉でゆっくり汗を流しました。

皆様、長旅お疲れ様でした。

100418010

日が差しているときの一枚、このあとまたすぐ雪が降る。

100418009

ウサギ発見!!滅多に無いシャッターチャンスです。

100418013

シラビソ帯に入ると徐々に斜度が増して山頂も近い。

100418015

視界が取れず、噴気孔穴を目安に登頂記念camerashine

100418026

100418016

100418052 

100418057

100418085

皆さんの雪しぶきを上げる滑り。

100418065

協力して雪テーブルセットを作りランチタイムrestaurant

100418078

真剣にビーコン捜索練習。

100418079

「見えた~」焼山山頂付近をバックにちょっと残念がる皆さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プライベートツアー月山・湯殿山

  2010年4月15日(木) cloud時々snowた~まにsun

N野さん「天気よさそうなので15日休みにしました。近くでいいところをガイドしてください」、私「それなら、月山、湯殿山でしょうsign03」ということで、高速を使って1時間半弱で来ました山形県西川町志津集落。

奥のゲートに着くと、低気圧が過ぎ去った翌日ということで道路に積雪があり通行止め、同じく待機しているガイド仲間と話をしたりして30分ほど待っていると早めの開通。

月山荘近くでなんとか町営バスに乗り換えて姥沢まで行き、リフトに乗って終点は湯殿山頂と同じ1500m地点。

ゲレンデ内をトラバースしてちょっとカリカリの大斜面を滑りブナ林に突入。

すると4月中旬のパウダーに二人の脳内アドレナリンは急上昇upしっぱなし、深いシュプールを刻みながら石跳ね沢へと滑り込みます。

早めのランチタイムを終えて、さらに粉雪を追って湯殿山へ登り返す、N野さんペースでオンタイム2時間で山頂到着。

「ここまで来たら南面の大斜面でしょう~」で南面へ移動、でも真っ白に積もった雪で斜度感覚がわからない。少し天気を待ってみるが一向に変わらない真っ白斜面にしびれを切らして滑り始める。トップは感覚だけを頼りに斜度をイメージして滑り、N野さんには滑った私を目標に滑ってもらう。

ブス沼の上部まで降りてから長いトラバース、登った尾根に近づきブナ林間で滑りを堪能して石跳沢へ入り、ネイチャーセンター経由で月山荘近く町営バス乗車場まで板を脱がずに滑り込んだ。

標高差約1400mの落差と四月中旬の想定外パウダーに大満足していただきました。  

N野さんおつかれ様でした。

エムフリーではプライベートツアーを5月中旬ころまで受付しています。もちろんゴールデンウィークでもOK。

フィールドとコースはお客様提案でも、お任せでも結構です。

お気軽にご相談、お問い合わせください。

100415001

リフトを降りてゲレンデ内。

100415019

雪しぶきは半端でないパウダーです、「イケてる~heart04
でもその後、ブナの木と軽い挨拶を交わしたN野さん

100415058

湯殿山の登り、下にブス沼の雪原。

100415069_2

湯殿山山頂にて。

100415094

大斜面を滑る(写真でみてもわかりませんね)。

100415111

体得した「エムフリー流らくらくテレマーク」でブナ林もス~イスイ。

100415130

登った尾根と滑った南斜面を見るN野さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレマークハイキングin鳥海山麓の報告

  2010年4月11(日) sun

3日前の天気予報では完全雨かと思われたが徐々に前線の動きが早まり、当日は晴れ間が広がってきましたnotes

長尾根からの景色とブナ林を楽しみながら散策を交えて登る。 時間をかけて高度を上げ標高1170m付近に到達するころには空の雲は無くなり鳥海山に日が当たり斜面が輝いて素晴らしい。

目標地点でツェルトをかぶって風を防ぎゆっくりランチタイムrestaurant

鳥海山の絶景に後ろ髪を引かれる思いで滑り始める。
軽快に滑って登った分の標高と距離を消化していき、鳥海山は遠ざかって行く。

ほど良い疲れのまま車止めに着いた。お二人ともお疲れ様でした。

100411006

なぜかここで写真を撮りたくなる、パワースポットの一本ブナ、癒されます。

100411021

鳥海を展望しながら気分よく登る。

100411024

徐々に斜度も増してきます。

100411037

目の前に近づく鳥海山に惚れ惚れ。

100411043

目標の標高1170mに到着、「こちらが鳥海山で~す!」と鳥海クイーン2人?coldsweats01

100411048

ランチタイムあとにモデルになってもらいもう一枚camerashine

100411055  

100411073 

100411091

100411095

お二人の華麗な滑りをどうぞ。

100411115 

もう少し下れば車止め、満足げなお二人様。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スキーツアーin鳥海・稲倉岳の報告

2010年 4月10日(土) sun 

登山口付近は雪が薄くて板を担いで登山開始。

急な斜面をつづら折に登ってようやく雪が続いていると思われるところでシール登行に切り替え。標高の低いところは雪解けで密なところが多く苦労する。

支尾根に乗ってしばらくするとようやく登りやすくなり、標高950mで主長尾根に取り付くと次第に広い斜面に変わる。

日本海をバックにゆっくり高度を上げてタイムリミットに近い14時過ぎに頂上到着。

新山、七高山から続く外輪、千蛇谷カールが一体化したアルパイン的なロケーションは言葉にできないほど最高でした。

下りは標高差約600mの大斜面を思い思いに滑り、支尾根に下ると次第に樹林に包まれあっというまに雪のないところまで。最後は登り同様にスキー板を担いで歩き、16時ころ車止めに着きました。

皆さん、ロングルートツアーお疲れ様でしたhappy01

100410002

雪解けで途中まで歩いて登る、後ろは地元パーティの方々。

100410009

やっと密な小ヤブを抜け掛かった頃。

100410022

主尾根は日本海の展望も良い。

100410050

稲倉岳頂上、鳥海山の展望に圧倒upwardright

100410131

O畑さんと合流して1ショット。

100410071

100410097

100410141

皆さんの勇壮な滑降シーン、上からN野さん、アルペンO畑さん、A部さん。

100410155

帰りに、こんな写真も撮れました。

100410164

7時間のツアー終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキーツアー鳥海山・湯の台

5月8日(土)  中~上級コース

湯の台コースは鳥海山南面にあります。登る時間と距離があるため、祓川コースに比べ非常に人が少ないフィールドですが魅力は鳥海山No1のコースです。

広々した無木立の斜面を大滑降、ロングコースで標高差1200m以上を滑ります。

登り ★★★★★ 6時間 滑り ★★★★★ 2時間 

標高差 1380m以上 道路の積雪状況でスタート地点が変わります。

申し込み・お問い合わせはこちらまでinfo@mfree-miyagi.com
申し込みは5月3日までお願い致します。

090519140

南面からみた鳥海山

090519004

新緑のブナが美しい。

090519012

真ん中の斜面を滑ります。

090519027

山頂直下から見た斜面。

090519034

伏拝岳山頂からみた外輪山と千蛇谷カール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキーツアー鳥海・笙ヶ岳の紹介

5月1日 初級コース

鳥海山の西斜面になるこのコースは日本海に向かって滑っていくようなダイナミックな斜面。ほとんどが無木立の大斜面が続く人気の定番コースです。登る時間も比較的短く歩きやすいので山スキー入門の方にもお勧めです。

登り 3時間 滑り 1時間弱  

お申し込み・詳細等はこちらへinfo@mfree-miyagi.com

Dsc01209

笙ヶ岳の第3峰を目指して登ります。

090430018

山頂からみた新山方面。

090429038

山頂直下の斜面。

090430176

日本海に向かってダイナミックに滑れます。

090430340 

駐車場手前まで広々した斜面が続く。

※写真は2009年の笙ヶ岳ツアーの様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレマークハイキングin浄土平の紹介

2010年4月17日(土) 初級コース

吾妻スカイラインの浄土平駐車場からスタートして鎌沼周辺を散策しながら滑ります。吾妻小富士、一切経山、東吾妻山はすぐ目の前でロケーションは目を見張るものがあります。歩くだけでも楽しいフィールドなのでぜひご参加ください。

spaツアー後は高湯で入浴を汗を流しましょう。

歩き 3時間 滑り 1時間

参加条件:クリッパーAコースをプルークボーゲンで滑る方以上は大丈夫です。

詳細がほしい方はメールにてお問い合わせください。info@mfree-miyagi.com

090412005

平岩山からみる一切経山の五色沼(後ろ)。

090412275

右奥が鎌沼です。

090412382

吾妻小富士の展望。

※写真は昨年のツアーの様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキーツアーin焼山の紹介

2010年4月18日(日) 初・中級コース

日本一の源泉噴出量である玉川温泉を起点としてブナ林と大シラビソの森である焼山へ登って春スキーツアーを楽しみましょう。

ツアー後はもちろん名湯玉川温泉に入浴して汗を流します。

登り 3時間run 滑り 約40分ski  標高差 約600m 

参加条件 クリッパーAコースをシュテムターン以上で滑れる方。

詳細がほしい方はメールにてお問い合わせください。info@mfree-miyagi.com

090424002

歩き出しも疎林の中。

090424009

ブナ林間を緩く登ります。

090424011

オオシラビソ疎林の先に山頂。

090424021

広い山頂から八幡平、岩手山、森吉山が展望できます。

090424018

山頂付近から見える火口湖。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキーツアーin稲倉岳の紹介

開催日 2010年4月10日(土) 中級コース

鳥海山の北西面に立つ1554mの稲倉岳は、スキー滑降に適した北斜面は積雪期にしかアプローチできない期間限定の山です。標高差850m分は楽しんで滑れる大斜面コースです。

行動時間 約7時間 標高差 約1150m
歩く距離と標高差はありますがゆっくり登ります。

詳細が必要な方はメールにてお問い合わせください。info@mfree-miyagi.com

036  

右のなだらかに伸びる尾根が稲倉岳、左が鳥海山。

090519

赤い線が登るコースです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月4日テレマークスキーハイキングin坊平

久しぶりの快晴無風の天気は春です、真っ青な空に安達太良、吾妻、飯豊、朝日、月山の白い山々の展望が色を副えます。 

スタートは今日が最終日の蔵王ライザスキー場リフト終点、時折風で飛ばされたガリガリ斜面にステップカット板はズリっと後ずさりするが昨日降った雪が程よく入って歩きやすい。

途中から登りやすい沢をねらって刈田岳を目指す、稜線近くは雪が少なくて板を脱いで歩いて山頂に到着して昼食restaurantもとる、風が無く暖かい。

南東斜面を滑ってから西に回りこみながらさらに滑る。誰もいない斜面は気持ちよい。

いい斜面を見つけて登り返して休みながら滑って遊び、満足してスキー場に戻りました。

今日はツアー後の炭酸飲料水がおいしかった~、プシュnotes

100404029

刈田岳を目指す3人。

100404043

飯豊や朝日を背景に登る。

100404062

刈田岳山頂で遭遇したA部さんに撮っていただきました。

100404079

100404089

100404082

皆さんそれぞれ楽しみながら滑りまくりsign03

100404107

誰もいない斜面を何度も登り返して遊ぶ。

100404132

スキー場に到着、皆さん使用前よりいい顔happy01になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月3日スキーツアー八幡平

全国的に高気圧圏内ですが八幡平はやっぱり違います。

歩き出しは晴れていたが徐々に雪が舞ってくる。これも想定内だったので本日は最短コースで茶臼岳を目指す。

山頂に着くころには本格的に雪も降りだし、シールを外して避難小屋に滑り込みゆっくり昼食をとる。滑りだす頃には雪が積もって薄パウダーになって滑りやすい。

山頂直下を登り返して遊んでから下りにかかる。気温が上がらないので標高を下げても滑り感じが変わらなくて楽しいまま車止めまで滑り込んだ。

お二人ともどうもお疲れ様でした。

100403002

冬季閉鎖ゲート前、ここからスタート 。

100403016

Nice viewな岩手山。 

100403023_2

最後の急斜面はつぼ足で登りました。

100403028

茶臼岳で登頂記念camerashine

100403078

100403098

4月でもパウダー、お二人ともなかなかの滑り手ですgood

100403109

滑りを十分楽しんで戻ってきましたhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウロコが楽しい~!!

前から欲しかった今どきのステップカット板を購入good

板はカルフのXCD10THマウンテン99-68-84、シングルキャンパーに近いフレックスで柔らかめで滑りやすそう。

金具はロッテフェラーのR4を取付けた、ちょっと重めですがレンタルスキーも考慮しました。

今シーズンの春テレマークハイキングとツアーの下見はこの板が活躍しそうですsign03

100402002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月1日プライベートツアーin野地温泉

平日のプライベートにテレマークスキーハイキングで野地温泉の裏山へ。

暖かい南風と降ったり止んだりの雨と交互に晴れ間がくるお天気でしたが風を避けたブナ林の北斜面はちょうどいいです。

本日は私もT野さんに合わせて私もステップカット板に。あっちにフラフラこっちにフラフラ、いい斜面を見つけては少し滑ってはまた登ったりしながらピーク到達。箕輪山をはじめ磐梯山、吾妻の山々も展望できました。 

北斜面に降りて早い昼食をとり、ザックを置いて広い斜面を滑りに行く。帰りもいいブナ林を見つけては滑って、下り始めたらあっという間に登山口に到着です。

100401012

気温が高くすぐ服を調整して歩く、雪もかなり湿ってます。

100401023

ピークで箕輪山と鬼面山を背に一枚。

100401026

湿った雪で曲がらない~といいながらこの斜面を二度ほど滑る。

100401041

ブナ林の中を滑るあっという間です。

100401043_2

登山口に無事到着、後ろは鬼面山です。

F1000093

かけ流しの新野地温泉でのんびり疲れを癒しましたconfident

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »