« テレマークハイキングin鳥海山麓の報告 | トップページ | スキーツアー焼山の報告 »

プライベートツアー月山・湯殿山

  2010年4月15日(木) cloud時々snowた~まにsun

N野さん「天気よさそうなので15日休みにしました。近くでいいところをガイドしてください」、私「それなら、月山、湯殿山でしょうsign03」ということで、高速を使って1時間半弱で来ました山形県西川町志津集落。

奥のゲートに着くと、低気圧が過ぎ去った翌日ということで道路に積雪があり通行止め、同じく待機しているガイド仲間と話をしたりして30分ほど待っていると早めの開通。

月山荘近くでなんとか町営バスに乗り換えて姥沢まで行き、リフトに乗って終点は湯殿山頂と同じ1500m地点。

ゲレンデ内をトラバースしてちょっとカリカリの大斜面を滑りブナ林に突入。

すると4月中旬のパウダーに二人の脳内アドレナリンは急上昇upしっぱなし、深いシュプールを刻みながら石跳ね沢へと滑り込みます。

早めのランチタイムを終えて、さらに粉雪を追って湯殿山へ登り返す、N野さんペースでオンタイム2時間で山頂到着。

「ここまで来たら南面の大斜面でしょう~」で南面へ移動、でも真っ白に積もった雪で斜度感覚がわからない。少し天気を待ってみるが一向に変わらない真っ白斜面にしびれを切らして滑り始める。トップは感覚だけを頼りに斜度をイメージして滑り、N野さんには滑った私を目標に滑ってもらう。

ブス沼の上部まで降りてから長いトラバース、登った尾根に近づきブナ林間で滑りを堪能して石跳沢へ入り、ネイチャーセンター経由で月山荘近く町営バス乗車場まで板を脱がずに滑り込んだ。

標高差約1400mの落差と四月中旬の想定外パウダーに大満足していただきました。  

N野さんおつかれ様でした。

エムフリーではプライベートツアーを5月中旬ころまで受付しています。もちろんゴールデンウィークでもOK。

フィールドとコースはお客様提案でも、お任せでも結構です。

お気軽にご相談、お問い合わせください。

100415001

リフトを降りてゲレンデ内。

100415019

雪しぶきは半端でないパウダーです、「イケてる~heart04
でもその後、ブナの木と軽い挨拶を交わしたN野さん

100415058

湯殿山の登り、下にブス沼の雪原。

100415069_2

湯殿山山頂にて。

100415094

大斜面を滑る(写真でみてもわかりませんね)。

100415111

体得した「エムフリー流らくらくテレマーク」でブナ林もス~イスイ。

100415130

登った尾根と滑った南斜面を見るN野さん。

|

« テレマークハイキングin鳥海山麓の報告 | トップページ | スキーツアー焼山の報告 »

冬ツアー報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93861/34250372

この記事へのトラックバック一覧です: プライベートツアー月山・湯殿山:

« テレマークハイキングin鳥海山麓の報告 | トップページ | スキーツアー焼山の報告 »