« のんびりスキーツアー月山・姥ヶ岳 | トップページ | 体力限界? »

スキーツアー鳥海山・湯の台の報告

2010年5月8日(土)  cloudのちsun

湯の台への道路は自然解凍、そのため雪のあるところで車止め。

今回は標高約620mからのスタート。しかし雪で阻まれていたのはわずかで、しばらく板を担いで道路を歩くことに。

かなり道路を登ってからやっと尾根ポイントにたどり着きヤブを避けながら林間を登る。スタートから3時間後ようやく滝の小屋の標高にたどり着く。この辺から広々斜面に変わっていく。

伏拝岳の外輪と直下の斜面は雲に覆われてたが時間を掛けて近づくにつれて青空に変わってきた。直下は板を担いでつぼ足で進み雪を抜けザックを置いて強風にあおられながら外輪に登るとそこはフルパノラマの世界。

写真を取り合って少しの間大展望を楽しみ下山開始。

ロングコースを休み休み滑ってもまだまだ楽しめる。大斜面を抜けて荒木川に滑り込み林間突入、早めに道路へ出るとユルユル雪の終わりまで滑り、また板を担いで歩いて午後5時前に車止めに到着した。標高差約1500m・約9時間のロングツアーでした。

下の鳥海山荘で露天風呂spaに入りツアーを振り返りながら疲れた体を湯に浸した。

100508004_2

やっと広めの林間に出てきました。

100508011

林間を抜けて視界が広がります。

100508029

外輪直下の急斜面はつぼ足で慎重に登るrun

100508038

外輪の伏拝に立ち、稲倉岳と日本海を背景にcamerashine

100508051

直下の急斜面downwardright

100508114

日本海を望みながら滑る。

100508154

ハーフパイプ状の荒木川。

100508168

達成感に浸るお二人、ロングツアーお疲れ様でした。

100508104

100508151 

N野さん(上)とH本さん(下)の滑り。

|

« のんびりスキーツアー月山・姥ヶ岳 | トップページ | 体力限界? »

冬ツアー報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93861/34626039

この記事へのトラックバック一覧です: スキーツアー鳥海山・湯の台の報告:

« のんびりスキーツアー月山・姥ヶ岳 | トップページ | 体力限界? »