« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の投稿

巻機山・苗場山

2010年6月25~27日cloudrain

新潟の巻機山と苗場山をガイド。

1日目:仙台・・・・・清水沢まで移動
2日目:清水沢・・・・桜坂~巻機山往復・・・・和田小屋
3日目:和田小屋~苗場山~小赤沢3合目・・・・仙台

どちらの山も冬はバックカントリースキーのよいコースなので積雪期に行ってみたい。

100626001 

登山前日、民宿でbottle巻機山と八海山(今回登ってないですが)を飲んでhappy02準備万端。
ちなみに苗場山という日本酒もあります。

100626019

曇だったが谷川連峰をはじめ燧ケ岳、上州武尊山、至仏山
日光白根山、赤城山、苗場山、妙高山などがが展望できた。

100626022

稜線直下の木道を歩く皆さん。

100626024

巻機山の山頂標識はなぜか山頂約700m手前の分岐点にある「?」。

100626046

かぐらスキー場にある雰囲気がいい和田小屋に宿泊。

100626056

苗場山山頂でとあえず記念に一枚camerashine

100626066

苗場の由来になった無数にある地塘
回りにはチングルマ・ヒメシャクナゲなど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫魔ヶ岳

2010年6月24日cloudのちsun

福島の猫魔ヶ岳をガイドしてきた。

久しぶりのコースで楽しみにしていた猫魔ヶ岳、天気も後半にかけて雲が切れていきピーカンの青空

雄国沼とニッコウキスゲ、周りに見える山々と湖群などここは特別な山域かもしれない。
冬のテレマークハイキングもよかったし何時来ても癒される山です。
100624005

磐梯山と猪苗代湖。

100624009

猫魔ヶ岳山頂にて。

100624018

ベニバナイチヤクソウが一箇所にだけ咲いていた。

100624030

雄国沼湿原のニッコウキスゲは2部咲き位だったがコバイケイソウとレンゲツツジとの共演でビューティホー。

100624039

雄国沼と猫魔ヶ岳など外輪山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北泉ヶ岳~船形山縦走

2010年6月23日 rainのちcloud

泉ヶ岳大駐車場~北泉ヶ岳~船形山~大滝キャンプ場まで縦走をガイド。

雨が降ったり止んだり、強くなったり弱くなったりの中、レインウェアを着ると蒸して暑いし稜線では脱ぐと寒いし。

それでも皆さんはゆっくり9時間15分掛けて無事縦走することができました。

100623004

巻き込み現象の番号標。 

100623007

三峰山山頂にて、虫が多かった~!! 

100623012

船形山山頂。

100623016

無事全員下山して整理体操。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男体山登山

2010年6月19~20日cloudsun

1日目は切込湖・刈込湖ハイキングガイドと湯滝を観光。

2日目は日光の男体山ガイド、梅雨の晴れ間になった。

宇都宮で気温30℃予想だけあって暑かったが雨に当たらず快適登山でした。

100619008

1日目:刈込湖畔から見える山王帽子岳と太郎山(中央奥)。

100619017

ミズナラ、シラカバなど二次林の新緑が素晴らしい。

100619024

観光地、湯滝でちょっとcamerashine

100619025

2日目男体山:津乗越登山口よりスタート。

100619027

スタート直後の沢沿いザレた登山道。

100619045

9合目付近、ヒメイチゲが多く咲いていた。

100619053

パノラマ展望が素晴らしい男体山山頂。

100619060

日光白根山と戦場ヶ原を望む。

100619056

眼下に中禅寺湖を展望しながら下る。

100619076

鹿の食害防止に幹にネットが張られた雑木林。

100619086

二荒神社登山口に下山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国・済州島 観光

漢拏山登山の番外編

100609018

龍頭岩(ヨンドゥアム)、漢拏山の噴火で溶岩が流れ海で固まりこの形ができたらしい。

100609034

済州人発祥の伝説が残る「三性穴」。

100609219

済州島の守り神、トルハルバルおじいさん
島の至るところにあり、土産物屋でもキャラクター商品がたくさん売っている。

100609044

済州島の観光バス、内装は少しアジアチックに装飾されている。

100609048

オレンジに似た漢拏峰、みかんなど柑橘類が特産。

100609052

市場に並ぶ太刀魚とエイ。

100609065

1日目の夕食に出た太刀魚の鍋、日本人向けにかなり辛味を抑えたそうだがやっぱり辛い

100609194

ウェドルゲ、三陸の海岸線に似た絶景が広がる。

100609197

「済州島まで来たらやらなきゃ」と参加者の方も皆さん記念撮影
私とツアーリーダー山田さんもついチャングムになりきる。

100609214

済州民俗博物館、山岳/日本語ガイドのキム氏は笑いを交えながら説明。

100609215

輪かんじきがあった、冬のハルラ山で狩猟するときに使われたらしい。

100609227

3日目昼食にアワビ粥、やっぱりキムチなどで辛味をつけて食べる。
このころには舌に刺激がないと物足りなさを感じるくらいに。

100609226

城山日出峰、世界遺産になっている世界で一番大きい海岸に突き出た噴火口

100609230

標高差150mを登る、修学旅行に来た韓国の生徒たちで賑わっていた。

100609235

城山日出峰の外輪で記念撮影。

100609236

万丈窟(マンジャングル)、こちらも世界遺産で漢拏山の噴火でできた溶岩洞窟で世界最長、中は作られたトンネルかと思うくらいに広い。

海外トレッキング、登山に興味のある方はこちらもどうぞ。
  世界の山旅を手がけて41年 
アルパインツアーサービス

| | コメント (1) | トラックバック (0)

韓国・漢拏山(ハルラ山)登山 

2010年6月9日~11日 
「みなみらんぼうさんの一歩二歩山歩600回記念」
韓国最高峰・漢拏山登頂と済州島満喫3日間
            アルパインツアーサービス(株)

漢拏山は「済州島の溶岩洞窟群」とともに2007年6月にユネスコの世界自然遺産に登録されている山です。世界遺産とあって登山道や小屋、トイレなど整備は行き届いており登っている人も多いです。

今回のツアーは城板岳(ソンパナク)登山口から東稜頂上(1935m)へ、下りは観音寺(カヌンサ)登山口へ下山。登り標高差約1000m下り標高差約1400mをゆっくり約10時間かけての登山。 

みなみらんぼうさん、中村みつをさん、読売新聞の志賀さん、米山さん、そして参加者17名の皆さんのご協力のおかげで全員無事登頂できました、皆様大変お疲れ様でした。

100609009

機内から見たハルラ山。

100609070

朝食はへジャング(大豆もやし入り牛骨スープ)で栄養満点です。

100609074_2

登山道はよく整備されてます。

100609089

チンダルレ(つつじ畑)小屋、名前の通りツツジが多いです。

100609094

標高1700mくらいで森林限界を越え山頂付近もよく見えてきた。

100609099

エヒメアヤメ:日本では天然記念物、岡山県では絶滅危惧種になっている。

100609112 

山頂で1枚撮ってもらいました。

100609121

山頂にある白鹿潭(ペンタクノム)と呼ばれる火口湖。

100609120

らんぼうさん、中村さん、参加された皆さんでcamerashine

100609138_4

背丈の低いムラサキヤシオが結構咲いてます。

100609133

カヌンサ登山口側は山の起伏が多くロケーションも素晴らしい。

100609149

三角峰、「ここは登れるの?」とすぐ質問が・・・さすが皆さん山屋です。

100609161

水はけが良いのかどの沢も水が流れていない。

100609165

カヌンサ登山口、らんぼうさんの握手でゴールsign03

100609183

夕食時にガイドのキム氏から1人ずつ登頂証明書が渡されました 
証明書を受け取り握手するらんぼうさん。

海外トレッキング、登山に興味のある方はこちらもどうぞ。
  世界の山旅を手がけて41年 
アルパインツアーサービス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガードレール倒壊?

先日、鳥海山・湯の台に行ったときに写真に納めてみました。

湯の台駐車場に続く道路のガードレールがすべて倒れてます。
皆さん、なぜか判ります?

答えは・・・積雪snowの重みと圧力でガードレールが曲がって壊れるのを防ぐために
      冬に入る前に分解して倒して冬を越すようです。      

こんなところにも雪国の苦労が隠されてるんですねgood
100603079

100603009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカルパ シャルモGTX

登山ガイドという仕事を始めてから足幅が徐々に幅広なってきてます。毎日歩いているからだとか、老化してきているからだという話もありますが実際のところよくわかりません。

ガイドにとって登山靴は非常に重要な道具。現在4~5足くらい使ってますが、靴底がどんどん減ってくるのでそろそろかなという前に新しい登山靴が必要になってきます。

そんなわけで私のイビツな足に合ってフィットする靴がなかなかないのですが、スカルパの靴が合いそうだったので購入しました。

早速、今週から登山で使ってみたいと思いますhappy01

100607006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「地図読みとコンパスの使い方講習会」報告

2010年6月6日(日) sun

泉ヶ岳周辺で地図読み講習会を開催しました。

午前は机上講習、等高線、尾根と谷、記号を読むコツ、地形図の尾根と谷に色鉛筆で線を入れてみる、コンパスの基本を学ぶ。午前の締めはスプリングバレースキー場に移動して駐車場から見える山々を地形図とコンパスを使って山座同定を行いました。

昼食restaurantを挟んで、午後は泉ヶ岳スキー場のリフトを使って兎平まで登りupwardright、歩きながら大駐車場まで地図読みとコンパス作業を何度も繰り返し反復練習。後半には皆さん地図読み・コンパス作業が板について動作も速くなってきた感じ。締めは登った三角山を吉野平から山座同定して本日の講習終了pass

「地図読みっておもしろい~smile」「地図読みが解ってきた~flair」など嬉しい感想。
皆様おつかれ様でした。

エムフリーでは今後も「タメになる講習会」を開催していきますのでどうぞよろしくお願い致します。

100606001

午前は泉ヶ岳ロッジのテラスで机上講習会、だったのてすが撮り忘れて写真は昼食後の様子です。

100606005

リフトに乗って兎平から実際に地図を読みながら歩きます。

100606007

回りの地形を観察して地図読みしながら歩きます。

100606009

コンパスの使い方を反復して何度も練習。

100606012

最後は三角山の山座同定で締めましたgood

| | コメント (3) | トラックバック (0)

プライベートツアー鳥海山・湯の台

  2010年6月3日(木)sun

富士山から2日後、おだづもっこ(※)のT野さんからプライベートツアーの依頼メール。
というわけで今回はT野さんのスキー納めで鳥海山に行ってきました。

まだ道路に積雪が残っているため、標高差200mを予定外の道路歩き。
それでも真っ青な青空と新緑の緑と白い雪のカラーこーでぃねーとは気分爽快にさせてくれます。
run」時々「ski」のテレマークハイキングはスキー三昧とはいきませんでしたが楽しいスキー納めとなりました。

T野さんお疲れ様でしたhappy01

 ※宮城弁「おだづもっこ」の意味はインターネット等でお調べください。

100603007

湯の台駐車場まで車は行けず、標高差で約200m手前から道路沿いに歩く。

100603014

雪着きが良いところはスキーで歩いてみるが上を見ると「あっ、また道路がでてて雪がない~coldsweats01」。

100603018

スキーを履くより早いと担いで登る。

100603020

湯の台駐車を過ぎてやっと広々斜面に。

100603035

本日のハイキングは標高1420mが最高地点。

100603048

波打つ斜面をのんびり滑る。

100603058

急斜面は横滑りでクリアー「ぐっどじょぶgood

100603068

緑が眩し過ぎる新緑のブナは感動sign03 これも今トレンドのパワースポットになるかも。

100603078

「T野さん、ストックで某ショップのはまずいでしょう~!」ということで両手とストックでエムフリーの「」なんですけど皆さんわかります?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「夏山快適登山のコツ」講習会報告

2010年6月2日(水) 夕方6:30~8:00

ゼビオアウトドア館にて机上講習会を行いました。

講習内容は 登山する前の対策と準備
        快適に登山するためのポイント
        富士山や
3000m級山々など高山での対策
        夏山登山で多いトラブルとその予防 など

皆さん真剣に講習を受けていただきました。

大勢の参加ありがとうございました。

100602014

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »