« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の投稿

出羽三山

2010年7月26・27日

行程 湯殿山神社・・・羽黒山神社・・・八合目~月山~姥沢

関東のお客様をガイド

100727006

湯殿山神社の鳥居。

100727023

羽黒山三神合祭殿:木製の狛犬。

100727028

阿弥陀ヶ原湿原を眼下に登る。

100727034

頂上付近は強風とガスだったが牛首に向かうと風も弱まり
視界も取れて、やっとのんびり歩けるようになった。

100727044

天然クーラーで涼しかった山上の楽園とお別れ。
このあと下界はやっぱり暑かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南蔵王縦走

2010年7月25日

刈田峠~屏風岳~不忘山~白石スキー場

仙台のお客様を佐伯さんとガイド

100725002

「キンコウカの夏、日本の夏」 どっかで聞いたフレーズ。

100725013 

霧の芝草平は幻想的。

100725009

チングルマは綿状のほうが雰囲気があって好きだ。

100725025 

屏風岳を過ぎてガスが晴れてきた。

100725036

イブキジャコウソウはなんともいえない匂い。

100725037

南屏風岳と不忘山の間は数々の花で登山者を飽きさせない。

100725043

不忘山の下り、この後雷雨でカメラ収納。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飯豊縦走

2010年7月21~24日

移動日 仙台----小国町----飯豊山荘泊
1日目 梶川尾根~扇の地紙~門内岳~北股岳~梅花皮小屋泊
2日目 小屋~御西小屋~大日岳往復~飯豊山~飯豊本山小屋泊
3日目 小屋~切合小屋~三国岳~柳沢登山口~川入集落---仙台

東京方面のお客様10名をガイド

100722022

1日目、下界は連日30度越えだが梶川尾根も暑かった~。

100722061

白いチシマギキョウをみっけ。

100722063

梅花皮小屋、管理人さんから飲みに誘われたがその前に
早起きプラス飲酒でダウン。

100722157

イイデリンドウは見頃。

100722082

2日目、視界不良のなか花を楽しみながら歩く。

100722099

キヌガサソウ。

100722101

ハクサンコザクラ。

100722160

3日目:本山小屋をスタートしてガスが取れて暑くなりそうな青空になった。

100722166

切合へ向かう雪渓歩き、積雪量はいつもより多い。

100722168

種蒔山付近で本山方面がクリアに展望。

100722174

三国岳直下の岩稜帯はオーバーヒート気味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グレゴリー パリセード80

ここ2年くらいずっと買い換えたいと思っていた大型ザック。
今年も飯豊や朝日の山小屋泊ガイドが続くため思い切って購入。

20数年前に初めて海外へ出かけたときもグレゴリーのザックを背負って行った。
今回は縁あってグレゴリーを使わせてもらうことになった。
背面は胴長なのでMサイズ、でもウェストはSサイズにしてもらう。
思えばショップ時代にグレゴリーザック・フィッティング講習会で
「身長に対して胴がとても長い、いい見本だ!!」
とウェイン・グレゴリー氏から褒められたくらい(笑)。

試着するとさすがハーネス回りは吸い付くようなフィット感がある。
いつも肩のハーネスが鎖骨付近が当るのとウエスト回りが腰骨が当たり気になるのだがハーネスのクッション性も良いのでなんとか気にならなそうだ。
まずは飯豊縦走のガイドで試してみよう。

100720004

フロントはあまりゴテゴテ感がないのが好みなのだが・・・。

100720003_2

背面はフィット感があり荷物重量の分散されるよう感じる作りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中央アルプス縦走

2010年7月15~18日

1日目 仙台・・・・駒ヶ根ロープウェイ~乗越浄土~木曽駒ヶ岳往復~宝剣山荘泊
2日目 停滞 宝剣山荘泊
3日目 山荘~宝剣岳~檜尾岳~熊沢岳~木曽殿~空木岳往復~木曽殿山荘泊
4日目 山荘~うさぎ平~伊那川ダム登山口・・・・仙台

仙台のお客様をガイド 

100715005

1日目:千畳敷から雨とガスで、このあとカメラは収納。

100715013

2日目:朝から風雨のため行動中止して宝剣山荘で停滞。  100715020

3日目:朝、雲海上に南アルプスが浮かぶ。 

100715025

宝剣山荘も朝日で染まった。

100715026

宝剣岳の登り。

100715029

宝剣から空木岳までの縦走路がオールキャストで見れた。

100715039

水滴で濡れるイワベンケイがきれい。

100715042

ミヤマシオガマ。

100715057

東北では見れないチョウノスケソウ。

100715082

空木岳で記念撮影。

100715086

木曽殿山荘は土曜日で満員状態、夜中起きたら満天の星空だった。

100715090

4日目:本日も快晴sun、木曽殿山荘から下山開始。

100715095

北沢の吊橋。

100715100

うさぎ平に到着、ここから林道を約1時間半ほど歩いてゴール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北東北の登山五昧(ざんまい)

2010年7月9~13日

1日目 仙台・・・見返峠~八幡平 周回
2日目 焼走~平笠不動~岩手山 往復
3日目 頂上駅~赤倉岳~井戸岳~大岳~毛無岱~酸ヶ湯
4日目 八合目~岩木山往復
5日目 小田越~早池峰山往復・・・仙台

九州は福岡から来たお客様を5日間ガイド。

100709002_2

八幡平:色違いのハクサンチドリが登山道に色を副える

100709005_2

岩手山:第一噴気口跡 登山口をスタートしてやっと雨がやんだ。

100709014

八甲田山:アオモリトドマツの球果が大きく成長していた

100709038

雪渓歩きは恐る恐るも楽しい。

100709040

今回唯一、自分の記念撮影です。

100709065

岩木山:雨と強風での登頂、カメラを出す暇がなかった。

100709082

早池峰山:今回登った山が全て展望できて喜ぶ皆さん。

100709098

キンロバイがウメバチのように花開いて色鮮やか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大朝日岳登山

2010年7月6~8日sun

1日目 仙台・・・・・大井沢 橋本荘 泊
2日目 ぶな峠~鳥原山~小朝日岳~大朝日岳~大朝日避難小屋 泊 
3日目 避難小屋~熊越~古寺山~古寺鉱泉

前泊で大井沢の民宿に宿泊、女将さんから「すぐそこでホタルが見れるよ」と言われ、夕食後にお客さんとともに見に行く。
暗くなるとともに車が時折通り過ぎる道路わきに徐々にゲンジホタルが光を放ちながら飛び始めて増えていく、しばらく感動して放心状態・・・・。
ガイドで田舎には行くけどホタルをこんなに無数に見た記憶があまりない。
朝日の山麓に、こんなに自然が残っていたこと改めて実感!!。
カメラを向けて何度も撮ってみたが自分のカメラにはよく写らなかった、残念。

ぶな峠からの登山道は今はしっかり仮払いされて、雑木林から標高をあげるとブナ林間を歩き鳥原湿原へと繋がるお勧めコースです。

100707004

ぶな峠から小沢を何度も渡渉しながら雑木林を緩やかに登る。

100707018

小朝日岳を過ぎるとヒメサユリが見頃だった。

100707043

小屋泊まりならではの夕日に映える山々。

100707031

ヒナウスユキソウは夏の朝日連峰を彩る花の一つ。

100707061

3日目も幸運にも梅雨の晴れ間で気持ちよく下山happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田駒ヶ岳登山

2010年7月4日 cloud/sunのちrainthunder

コース:八合目~阿弥陀池~男女岳往復~ムーミン谷~横長根~国見spa

初めてのゼビオアウトドア館企画で秋田駒ヶ岳をガイド。

この時期、秋田駒ヶ岳は花々で覆われ一年の中で一番映える。
今回もチングルマ、ヒナザクラ、シラネアオイ、コマクサ、エゾツツジなど数多くの花々が見ることができた。
また、このコースの特色は景観も足を進めるごとに刻々と変わっていく素晴らしさもある。
歩く時間も長かったかもしれないが皆さん飽きることなく足を進めることができたと思う。

最後は雷と大雨に見舞われたが皆さんケガもなく無事登山を終えることができた。
参加者全員の協力があり、ゼビオの三浦さん、アルパインツアーの山田さん、皆様に感謝致します。

これからも「楽しく、学べて、安全に」をキーワードにゼビオアウトドア館企画を進めていきたいと思います。皆様お疲れ様でした。

次回の岩木山・八甲田山もどうぞよろしくお願いいたします。

海外トレッキング、登山に興味のある方はこちらもどうぞ。
  世界の山旅を手がけて41年 
アルパインツアーサービス




100704004

阿弥陀池に男女岳が写った姿が撮れた。

100704012

ムーミン谷はチングルマのお花畑。

100704013

谷あいから見る周りの女岳、男岳、横岳のロケーションは息を呑む素晴らしさgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿肉の味

岩手のガイド福岡さんより鹿肉の燻製とさくらワインを頂戴した。

福岡さんは日本登攀クラブ時代に山野井さんにクライミングを教えたというほどのお方。
縁あって一緒に岩手山などガイドさせていただいた。

鹿肉の燻製は鹿肉と言われないと分からないくらい癖もなく燻してあり美味。
一緒に頂いた少し甘口で風味のよい「さくらワイン(山ぶどうとサクラ酵母で作った)」を飲みながらチビチビと頂いた。

どうもご馳走様でした。
100705003

| | コメント (1) | トラックバック (0)

早地峰山と岩手山

2010年7月2~3日 

1日目  小田越え~早地峰山~河原の坊 cloudsun
2日目  馬返し~旧道~不動平~岩手山~焼走 cloudのちthunderrain

昨年から始めた高知のお客様をガイド。
昨年は飯豊縦走と八甲田・岩木山の2回ガイドさせていただいた。
知った顔のお客様も増えてきて久しぶりにお会いできるのが嬉しい、また土佐の方言に当初ついていけなかったが言葉にも慣れてきて会話も楽しい。
仕事の関係で最終日に皆さんと飲めなかったのは残念だったが楽しいガイド登山になった。
皆さん大変お疲れ様でした。
石川さんと地元ガイドの福岡さんにも大変お世話になった、ありがとうございました。

100702005

ミヤマオダマキの青紫は自分好み。

100702017

ガスに包まれた中のハシゴは急斜面に見える。

100702022

本州では早池峰でしか見れないナンブイヌナズナ。

100702025

雨にあわずに河原坊へ下山することができた。

100702035

2日目の岩手山
まだ1合目、朝から蒸して暑い雑木林。

100702040

旧道のエゾツツジが見頃。

100702056

頂上付近は風があって天然クーラーだった。

100702060

焼走コースのシラネアオイ、ちょうどコマクサも見頃だった。
このあと第二噴気口跡の樹林帯から土砂降りの大雨にあって
登山口まで下山した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杁差岳登山縦走

2010年6月29日~7月1日

1日目 仙台・・・小国町・・・飯豊山荘泊
2日目 飯豊山荘~丸森尾根~地神北峰~杁差岳~避難小屋泊
3日目 避難小屋~大石山~足の松尾根~奥胎内ヒュッテ

今年初の飯豊連峰、毎年この企画を担当しているが、今年も雨に当ってしまった。
でもこの時期は入山者も少なく、花も見頃、残雪が山のコントラストを彩りして展望も素晴らしい。
3日目は晴れ間が戻り終わり良ければ全てよし。

100626003

夕方になってやっと視界が開けた、避難小屋付近からの飯豊の展望。

100626014

杁差避難小屋は貸切状態、雨で濡れたので助かった。

100626006

避難小屋近くに白いハクサンチドリを見つけた。

100626020

もちろんヒメサユリも忘れてはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »