« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の投稿

蔵王 龍山

2010年10月30日 typhoon台風接近中

台風14号が近づきつつある中で龍山をガイド。
予想では朝から降りはじめて雨量・風ともに増していく・・・はずだったが雨にほとんど当たらず登山することができた。

※カメラを忘れていったため雪の歩行以外は下見のときの写真です、すみません。
Img_3225
西蔵王放牧場の車道を登って登山口にたどり着く。

Img_3234
山岳信仰が盛んな山だっただけに登山道は昔の面影を残すかのように広い。

F1000147
先日積もった雪をほんの少しだけ踏んで山頂へ向かう。

Img_3251
山頂には龍山神社が祀られている。

Img_3282
下りは蔵王スキー場の龍山ゲレンデに出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六十里越街道 ~大岫峠~

2010年10月24日

六十里越街道をガイドした。
ルート 志津の石跳橋~大岫峠~湯殿山ほてる

Img_3197
いにしえの街道沿いは静かなブナ森が広がる。

Img_3168
前日の下見でナメコを見つけたが、さすがに今日は採られ無かった。

 

Img_3201
湯殿山を見ながら大岫峠に近づいていく。

Img_3184

大岫峠に到着、道標は冬に向けて取り外されていた。
写真は前日に撮ったもの。

Img_3187
街道近くにはブナの巨木が多い、雪が積もったらまた来てみたい所だ。

Img_3174
道標にあった六十里越街道のシンボルマーク。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安達太良・西吾妻・磐梯の旅

2010年10月16日~18日

関西のお客様を安達太良山・西吾妻山・磐梯山の3座をガイド。

Img_3101
ガスで視界が取れなかったが下るころには晴れてきた。

Img_3106
大凹付近の木道、草紅葉に癒されながら歩きます。

Img_3117
リフト中間くらいが紅葉が見頃。

Img_3124
檜原湖からみる夕日がきれい。

Img_3139
3日目の磐梯山、弘法清水からの最後の登り。

Img_3144
磐梯山頂の16日に再建されたばかりの三角点。

Img_3154
沼の平付近にはアキグミがたくさん実っていた。

Img_3155
赤埴山付近からみる磐梯の紅葉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

背戸峨廊の紹介

ゼビオアウトドア館企画で2010年11月14日(日)に開催する「紅葉の背戸峨廊」登山を紹介致します。10月14日にゼビオスタッフの三浦さんと行きました。まだ全然紅葉していませんがツアー当日は紅葉り渓谷美を満喫しながら歩けると思います。ぜひ皆さんご参加ください。
申し込みはゼビオアウトドア館まで・・・。
Img_2781_3
スタートしてすぐ江田川沿いに歩く。

Img_2952
トッカケの滝、高巻きするようにハシゴが架けられている。

Img_2957
下からみるとこんな感じ。

Img_2968
風景に溶け込むような橋。

Img_2979
クサリを掴みながらへつります。

Img_3031
「黄金とろかし」と呼ばれる滝。

Img_3060
「見返り滝」の右岸を遡行。

Img_3064
最後の「三連の滝」。

Img_3078
帰りは木漏れ日が差す尾根をのんびり歩いて戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涸沢トレッキング

2010年10月11~13日sun

1日目 仙台・・・・上高地~徳澤園 泊
2日目 徳澤園~横尾~涸沢ヒュッテ 泊
3日目 涸沢~徳澤園~上高地・・・・仙台

Img_2747
もう少しで涸沢ヒュッテです。

Img_2781
涸沢の紅葉は、ウラジロナナカマドの赤がキレイだ。

Img_2808
涸沢小屋で、ショップ時代にお世話になった吉田さんと嬉しい再会。

Img_2853_2
日が沈んでから撮ってみた。

Img_2835
ヒュッテの売店にダンプさん(カモシカスポーツ社長)が立っててびっくり!!聞いたら遊びにきたんだそうでボランティアでアルバイトしてたみたい、コーヒーごちそう様でした。

Img_2886
穂高のモルゲンロート。

Img_2903
横尾山荘に戻って休憩。

Img_2732
横尾山荘の自動販売機、街にあったらこの値段で皆さん買わないでしょうねぇ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼面山と箕輪山

2010年10月10日

野地温泉~鬼面山~箕輪山~鉄山避難小屋~沼尻スキー場
大雨予報がでていた東北だったがラッキーなことに前線の動きが早く抜けたため、雨に当たらず登ることができた。
Img_2683
野地温泉からの登りはブナ林が素晴らしい。

Img_2694
箕輪山への登り、後ろにはコミネカエデやサラサドウダンの紅葉。

Img_2701
胎内岩くぐりを終えて岩の隙間を下ります。

Img_2702
アカモノが狂い咲きしていた。

Img_2704
湯の花採取跡を通って尾根に取りつく。

Img_2707
船明神山から延びる尾根に取り付き記念写真。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵王ふたたび!!

2010年10月8日くもりのちrain

刈田駐車場~熊野岳~ワサ小屋跡~イロハ沼~樹氷高原駅
毎年、1回あるかないかの蔵王の登山ガイドだが、今年は2回目。
便利すぎてちょっと面白みが薄いと感じていたグリーンシーズンの蔵王だが、なかなかバカにできない良い山です。
Img_2669
今日は朝からガスと霧雨かと予想したものの、しっかりお釜も見れた。
Img_2670
熊野岳と地蔵山の鞍部からイロハ沼へ、蔵王沢の紅葉が綺麗です。

Img_2672
イロハ沼を通るころには雨がほどほど降り始めてきた。

Img_2674
ユートピアゲレンデを下山する面々。

Img_2676
ミルクを吸う木、ウソですbleah
ロープウェイ駅近くで見たのですが、どうやら虫を駆除するための薬らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉の栗駒山4

2010年10月8日

須川登山口~栗駒山往復
昭和湖近くにバイオトイレができたので今回はトイレをご紹介。
トイレ使用できるようになって今日が2日目だそう。

Img_2661
一瞬女性用トイレしか見えませんが男性用は裏側にあります。

Img_2659
男子トイレは使用後にペダルを踏んで水を流します。
ブログのためお客さんに実演していただきました。
Img_2662
遠くからみるとこんな位置関係です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉の栗駒山3

2010年10月7日

いわかがみ平~東栗駒山~栗駒山~須川登山口
ちょっと悲しい話 カメラを忘れてしまったと思い携帯で撮っていたのだが、夜にザックを整理していたらザックの底からカメラが出てきたcoldsweats01
寂しい話 ツアーバスを降りて車に戻るとき暗くてよく見えず側溝に右足を落とす、メガネは吹っ飛びパンツが破け膝ズル剥けですcrying

F1000137
東栗駒からの望む栗駒山、ピンボケた。

F1000139
N尾ご夫妻と遭遇、私達のんびり一行をあっさり追い越していった。
お二人はバックカントリースキーに備えて鍛錬中なんだとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉の栗駒山2

2010年10月6日

秣岳~栗駒山~中央コース~いわかがみ平
2回目の天馬尾根コースをガイド

Img_2649
竜泉ヶ原と剣ヶ峰の紅葉。

Img_2654
中央コースの下りもなかなかmaplemaplemaple

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉の栗駒山1

2010年10月3日

コース:秣岳登山口~秣岳~栗駒山~東栗駒山~いわかがみ平
低気圧と前線が迫ってくるなかでの登山、前半は思いのほか視界もあり晴れ間も見えるほどだったが稜線は風が強い。新湯沢沿いの下山時には霧雨もしっとり濡れてくる。今回は前線の動きが遅かった為に予想よりいい紅葉登山ができた。

Img_2601
紅葉した秣岳、見る角度によってピラミダルな形を見せてくれる。

Img_2604
秣岳の登りは時折振り返りながら歩いてちょうどよいかも。

Img_2616
天馬尾根の紅葉はちょうど見頃。

Img_2628
新湯沢を下る、ツアー下山コースとしては滑りやすく好ましくないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵王もなかなか!!

2010年10月2日sun

中央ロープウェイ・・・鳥兜山~ざんげ坂~地蔵山~熊野岳~刈田岳~刈田駐車場 
蔵王四季のホテルに前泊して東京方面のお客様をガイド。
実は、グリーンシーズンの蔵王をガイドすること自体が少なったし、スキー場が多く開発されすぎた感があってあまり良いコースと思っていなかった。でも今回改めて山形蔵王スキー場から登る蔵王もなかなかいい山だと感じた次第です、ちょっと遅かったかなあcoldsweats01

Img_2578_2
三宝荒神山と地蔵山、朝から雲一つ無い秋晴れです。

Img_2583
ざんげ坂を登り切って後ろの峰々を振り返りながら歩く。

Img_2591
地蔵山山頂からは吾妻、飯豊、朝日、月山、鳥海山が展望。

Img_2593_2
蔵王のお釜はカルデラ湖なのだが、カルデラは鍋・釜という意味のスペイン語に由来するそうだ。考え方は世界共通なんですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »