« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の投稿

東吾妻山

2011年8月18日

NHK文化センターの里山教室で東吾妻山へ行ってきました。
ほんとうは月山の予定でしたが、前線の活動が活発で大雨、雷、強風が予想されたために危険を回避して来月予定していた東吾妻山にフィールド変更。案の定、庄内では高速道路が雨で通行止めになったり、各地で土砂崩れや停電などがあったようでした。
ところで東吾妻山は風は強かったものの、雨は少し降っただけ、しかも予想に反して午後に向けて天気は回復傾向で、まずまずの山行ができました。

参加された皆様お疲れ様でした。

20110818134040_2 
酸ヶ平付近にて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トレゼータ TOP EVO NV

この年になって足だけ成長しているのか、年々足幅が広くなって靴が今までのサイズでは合わなくなってきている。このため、以前購入したものも下りが長く続くと小指の付根が当たって痛くなってしまうので困っていたところでまた登山靴購入。

選んだ靴はトレゼータの「TOP EVO NV」。
デザインはシンプルてすが外観の壊れにくさや耐久性は良さそう、ソール形状も好みです。

また、前からゴアテックスブーティでないアウトドライの構造を試してみたかったし、ナチュラルベンチレーションシステムも気になるところです。
大きな声では言えませんがこれからの雨期に期待感ありsmileです。

アウトドライ・・・外層と透湿防水膜は一つの構成体となっており、外層と透湿防水膜との間には隙間がなく、降雨 湿潤状況下での重量増加が伴う水の浸入を塞ぎます。

Comparison_shoes_2
左がoutdryで右がゴアテックスなどの構造。

ナチュラルベンチレーションシステム・・・・ブーツ内部袋状のフィルムが貼られたブーティという完全防水構造でありながら、歩く事で自然とブーツ内部の蒸れた空気を外に出しブーツ内部の温度・湿度を下げ快適に歩ける。

トレゼータのホームページはこちらから


Img_2995

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿島槍ヶ岳

2011年8月7~9日

鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳縦走をガイド。
3日間、大気の不安定と雷が予想されていたので、早めのスタート、早めの山小屋入りを想定しての登山。1日目は功を奏してドシャ降り雨を回避して小屋到着できた。2日目は予想を少し外れたけど、登山は早出早着でリスク回避することが基本ですね。

ルート
大谷原~赤岩尾根~冷乗越~冷池山荘~鹿島槍ヶ岳往復~爺ヶ岳
~種池山荘~柏原新道~扇沢

水場
西俣出合の沢水が取れる以外は山小屋にて1㍑/150円で購入。

情報
・西俣出合は、昨年工事用の橋を渡っていたが現在は元からあるトンネルで通過。
・現在、登山道上に積雪はありません。

開花していた花
ミヤマママコナ、イブキジャコウソウ、ヤマホタルブクロ、イワカガミ、ハクサンフウロ、カライトソウ、タカネバラ、シモツケソウ、クロクモソウ、コマクサ、ハクサンチドリ、タカネシュロソウ、クルマユリ、エゾシオガマ、アオノツガザクラ、チングルマ、タカネツメクサ、イワツメクサ、チシマギキョウ、タテヤマウツボグサ、シナノキンバイ、ミヤマキンバイ、シナノオトギリソウ など 

Img_2873
大谷原から林道を歩き西俣出合を通過した後の登山口道標。

Img_2880
急登の赤岩尾根から冷乗越はもう少し、詰めのザレ場。

Img_2888
冷池山荘と布引山の間に群落していたキヌガサソウ。

Img_2900
鹿島槍ヶ岳山頂で、ツアースタッフの山野辺さんと。

Img_2912
偶然お客様の唇にとまったアサギマダラ。
唇がお気に召したようです。

Img_2913
早めの種池山荘到着で乾杯~beer、皆さん盛り上がってます。

Img_2918
蓮華岳と針の木岳。

Img_2920
種池山荘の奥に立山と釼岳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年・月山その2

2011年8月5日

今シーズン2回目の月山で関東のお客様をガイド。

ルート
八合目~山頂~牛首~湿原~リフト終点

登山道状況
・登山道の積雪は無くなりました。

この時期、熱中症にご注意ですsign03、実はこの日もお一人いました。

今までの経験上、水分補給もさることながら服の着込み過ぎで熱中症になる方がほとんどです。熱中症に罹った方は着込むことで熱が逃げにくくなり、汗だくになり脱水、体温が上昇、気持ち悪くなってから自分が熱中症になったと気がつくようです。

以下の方は気を付けてください。
・半袖、長袖の二枚着用している方、またはベストを着用している方。
・首にタオルを巻いている方。
・帽子をかぶって頭が蒸れ気味の方。
・綿100%ウェアを着ている方(高温多湿の日本では汗で生地が面になり熱放出しにくくなる)。

暑いと思ったら歩きながらでも服のボタンを外す、腕まくりする、帽子やタオル、パンツのジッパーを開けるcoldsweats01、などして体温上昇を防ぎましょう。

Img_2857
八合目登山口の自動販売機にはいま話題のAEDが設置されてます。

Img_2859
登山道上に敷き詰められたコンクリートのマル石。
この石を踏むとけっこう歩きやすくなります。

Img_2860
本日も青空。

Img_2862
まだまだチングルマが見れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アルプス縦走

2011年7月31日~8月3日

三伏峠から塩見岳・間ノ岳・北岳をガイドしてきました。
夜中は満天の星空shine、朝は雲海cloudにご来光sun、10時頃からガスmistがかかってきて雨rainが降るというパターン。それに合わせて5時頃スタートして午後1時前後に小屋houseに到着してbeer
久しぶりの南アルプスは最近の気温低下でいつもに比べて涼しく登りやすい山に感じた4日でした。

Img_2779
ライチョウのヒナなですが、なんか大人びて見える写真です。

Img_2784
塩見岳山頂。

Img_2810
塩見岳を背にして三峰岳へ登る皆さん。

Img_2789
珍しいことに2日連続でブロッケン現象が見れた。

Img_2825
久しぶりのスタッフショット。
左は添乗員の木本さん、中央はガイドの渡邊先輩。

Img_2834
最終日、肩の小屋から雲海に富士山fujiが浮かぶ。

Img_2853
御池小屋付近と鳳凰三山(後ろ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »